Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
Ratiocination:一斑を見て全豹を卜す

冬の季節に、近所に買い物に行く際の格好。



今日、1月13日は、高校生探偵である工藤新一さんが、組織の薬とやらを飲まされ、
身体を小さくされた日
です。
言ってしまえば、メガネの少年探偵が爆誕した日です。
一応、「年」まで言うと、「1994年1月13日」とかになっていますが、割と謎時空なので、
2020年現在の彼の年齢とかを気にしてはいけません。
本人は、「ドーハの悲劇」で悔しがっていたくらいの世代らしいですけど。
ぶっちゃけ、ボクより年上なんじゃないのか。工藤新一さん。江戸川さんも。

さて、工藤新一さんが組織の薬を飲まされたタイミングは、
可愛い幼馴染と遊園地でデートをしていた帰りだった筈なのですが、
今、思い返しても、あのシーン、そんな真冬の出来事だったっけかと、ちょっと驚いています。
確か、あの話では、前段でジェットコースタに乗ったら殺人事件に巻き込まれるという、
普通に考えて、一生モノのトラウマになりかねないトラブルが発生していましたが、
それも含めて、「1月13日」という事になります。
ボクの身に置き換えてみると、例え、可愛い幼馴染とのデートだったとしても、
1月中旬の気温の中でジェットコースタとかは乗りたくないなと思うんですけど。絶対、寒い。
「この寒さが、二人の距離を縮める」みたいな効果があったとしても、絶対、嫌だ。



そう考えると、その遊園地において、工藤さんが服装を理由に疑惑の目を向けた「黒ずくめの男」って、
現実的には、そんなに怪しい格好ではなかったのではないかと思うのです。
黒いコートも季節柄、おかしくはありませんし、うっかり、黒いズボンと合わせてしまう事もありえます。
黒い帽子や黒い手袋も、防寒具として普通に売られています。
ボクの経験上、コーディネートが面倒になると、大体、黒でまとめる様になります。
案外、「黒の組織」の面々も同じ理由で服装を選んでいるんじゃないのか。
黒いコートの下は、実際は室内着だったりするんじゃないのか。黒の組織。
穴の空いたカーディガンとかを中に着込んでいたりするんじゃないのか。黒の組織。

| Diary | 18:25 | comments(0) | - |
Structuration:あの声で蜥蜴食らうか時鳥

白雪姫にとっても、王妃様の余計な干渉が無く、Win-Winな未来だったと思う。



童話の「白雪姫」では、王妃様が「魔法の鏡」に「世界で一番美しい女性は?」と訊ねています。
その結果、当初は「王妃様です」という回答だったのに、
「白雪姫です」という回答に変わってしまった為に、
嫉妬に狂った王妃様が、毒リンゴに代表されるあの手この手で白雪姫を殺そうとする、
一大スペクタクルを繰り広げる事になる訳ですが、
この「魔法の鏡」、どうやって「世界で一番美しい女性」を回答しているのかと思うのです。


勿論、「魔法」に裏打ちされているアイテムなので、
技術的な部分は、「魔法で何とかしている」という説明になってしまうのですが、
「世界一美しい女性」を回答している、という事は、
美醜の基準はともかくとして、「『世界中の女性から』一番を選択する処理」が必要になる筈です。
つまり、です。王妃様の質問に回答する為には、
「魔法の鏡」が「世界中の女性の情報を網羅するデータベース」にアクセスしている筈なのです。
しかも、「世界で一番美しい女性は?」という質問に対し、
当初の「王妃様です」という回答から「白雪姫です」と変わっている事を考えると、
このデータベース、情報が陳腐化しない様、更新され続けています。
誰だよ。このデータベースの管理者。変態と天才の融合かよ。
ボクもアクセスしたいよ。このデータベース。(正直者)



そう考えると、王妃様は「魔法の鏡」を使いこなしているとは言い難いのではないでしょうか。
多分、王妃様は、マッチングサービスを開設すべきだった。
大成功の未来しか無かったと思う。
何しろ、「世界で一番美しい女性」を回答してくれるインターフェイスなのだ。
「相談者とマッチする女性」なんかも、お茶の子さいさいで回答してくれる筈だ。
無数のマッチングサービス会社が垂涎する技術の集大成なのだ。魔法の鏡。

| Diary | 18:37 | comments(0) | - |
Creation:無患子は三年磨いても黒い

「火加減」という概念を先に知った方が良い。



今日、スーパーに買い物に行った折、
商品棚の中から、「水飴」を見つけたのですが、
ふと、「そう言えば、『水飴』って何をどう加工して作られているのだろうか」と思ったのです。
そこで、とりあえず、原材料は何だろうかとパッケージの裏を見てみると、
「原材料:水飴」と書かれていて、遠い目をしたオッサンがこちらになります。
可愛いでしょ。遠い目をしたオッサン。オッサン要素で可愛さが対消滅していますけど。
何だったら、対消滅しても余りあるオッサン要素ですけど。

そこで、帰宅後に我らがインターネッツに頼って調べてみたところ、
端的には、水飴とは「デンプンや麦芽といった多糖類を、酸や酵素で糖化したもの」だそうです。
特に、麦芽由来の水飴は、琥珀色をしており、
これが、タマネギを炒める際の色の指標として用いられる「飴色」の語源、との事です。
確かに、いちごミルクキャンディとかを思い浮かべながら「飴色タマネギ」を目指しても、
一向に到達できなくて泣いちゃうので、
「飴色」の正しい意味を知れただけでも、「水飴とは」の好奇心は有意義だったと言えます。



まぁ、ボクの場合、「飴色とは、大体、こういう色」と知ってはいましたが、
それでも、飴色タマネギに一向に到達できなくて泣いちゃったりしているので、
「飴色」の正しい意味を知ったところで、という状況ではあります。
南天喉飴を思い浮かべていたのかと疑われかねない出来栄え。真っ黒。

| Diary | 21:32 | comments(0) | - |
Solidification:石部金吉金兜

噛み切れない。



一般的に、「ハードボイルド」と言えば、
感情に流されない、肉体的、精神的にタフな主人公が活躍する作品を指しますが、
この「ハードボイルド」とは、そもそもは単語の通り、
「固茹で」、特には、「固茹で卵」を意味しています。
つまり、固茹で卵の「簡潔でそっけない性質」から、
「感情に流されないタフさ」を表している訳です。
個人的には、固茹で卵はマヨネーズと相性が良いので、
ハードボイルドなキャラは、マヨネーズみたいなキャラと組ませれば良いのだと思います。
マヨネーズみたいなキャラってのが全然分からないですけど。
慎吾ママとかかな。蘇る金狼でマヨチュッチュ。なるほど。分からん。



ちなみに、テンシさんの本日の夕食は、
「豚の角煮を目指したけど、一向に柔らかくならなかった煮豚」ですので、
これも勿論、ハードボイルド(固茹で)です。
従いまして、そんな夕食を口にしたボクが、ボクこそが、ハードボイルドです。
加熱時間が圧倒的に不足しているハードボイルドです。
原因まで分かっているのに対処できていないハードボイルド。
明らかにオッチョコチョイっぽいけど。どう見てもハードボイルドの真逆っぽいけど。
だけど、だからこそ、得られた食事はハードボイルド。

| - | 22:24 | comments(0) | - |
Preparation:手薬煉を引いて待つ

手薬煉を引くのに向いていないタイプ。



準備を万端に整える事「手ぐすねを引いて待つ」と言いますが、
この「手ぐすね(手薬煉)」とは、「弓の弦に塗る接着剤」の事でして、
合戦前に薬煉を弦に塗って万全の態勢で待ち構える様子から、
「手ぐすねを引いて待つ」と言われる様になったそうです。
ちなみに、ボクだったら、手がベタベタの状態で戦いたくはないので、
「準備万端」の意味で使うなら、正確には「手ぐすねを引いた後、手を洗って待つ」になります。
手を洗っている間に攻め込まれるオチしか見えません。準備万端とは何だったのか。



あと、ボクの場合、実際に戦場に立つ環境には身を置いていないので、
ボクにとっての「戦い」は、「職場におけるお仕事」が相当します。
具体的には、顧客や上司からの問い合わせや相談事項への対応が「戦い」でして、
武器は「弓」ではなく「PC」になりますので、
「手薬煉」に該当する様な「塗るもの」を考えると、
キータッチをする際に指が荒れないように塗る「保湿剤」とかになります。
従いまして、「手ぐすねを引いて待つ」を現代版に直せば、
「ニベアを塗って待つ」になる筈です。
手荒れの治癒を待っているだけの様な言葉ですが、準備万端なのです。
ニベアを塗ったベタベタの指ではキータッチしたくないですが、準備万端なのです。

| Diary | 22:18 | comments(0) | - |
Misidentification:交喙の嘴

誰かお弁当として持ち込んだのか。そこまでして食べたいものだったのか。



昼食時、会社の食堂に行こうとエレベーターに乗ったら、
「クラムチャウダー」の匂いに包まれました。
と、同時に頭に浮かんだ言葉は「給食だ」でした。
何せ、ウチの実家の食卓にクラムチャウダーが並ぶ事は無く、
クラムチャウダーを食べるシーンと言えば、給食の時ぐらいだったからです。
あと、関係無いですが、多分、こんなに「クラムチャウダー」って書いた経験は初めてです。
2020年にして初めての経験。クラムチャウダーの連続書き込み。

ただ、「給食だ」と思ったところで、
ボク自身、子供の頃は軽い偏食家だった事もあり、あまり給食に良い思い出を持っていないので、
まぁ、微妙な気分になった、という感想が正直なところです。
何しろ、カレーとかもダメだったくらいの偏食です。
レバーの竜田揚げは大好物でしたけど。振り切った偏りの偏食。



そして、食堂に到着したら、
別に日替わりメニューとかにクラムチャウダーは無かったので、
そういった意味でも、まぁ、微妙な気分になった、という感想が正直なところです。
あの匂いは何だったのか。それはお空のお星様にしか分からないのです。

| Diary | 22:45 | comments(0) | - |
Fixation:蜀犬日に吠ゆ

そういった意味では、日常生活の延長でしかないな。お仕事。



後輩 「年末年始の休みが終わっての仕事初めで、
    久しぶりに1時間以上も座りっぱなしでPCを凝視していると、流石に疲れますね

という発言を聞いて、信じられないと言わんばかりの表情で後輩を見返した方のテンシです。
むしろ、1時間以上も座りっぱなしでPCを凝視しかしてなかったんだけど。年末年始の休みの間。

| Diary | 20:47 | comments(0) | - |
Articulation:褐を被て玉を懐く

正直者。



仕事初め(たくない)

| Diary | 20:19 | comments(0) | - |
Interception:居安思危

マグロは食べ尽くしたけども。





2020年のテンシさんのお刺身冬休みは、隙を生じぬ二段構え!!

| Diary | 19:46 | comments(0) | - |
Alternation:公卿にも襤褸

外出時は脇を締める事で、事無きを得ていた。



唐突ですが、本日、コートを買い替えました。
「兵は拙速を尊ぶ」という孫子の兵法を実践した結果の唐突さです。
孫子も自身の教えがコートの購入に応用されるとは慮外の極みでしょう。
孫子すらも裏をかく行動。コートの購入。

さて、このコートの買い替えについて、
日記を紐解いてみると、前回のコート購入は6年以上前だったみたいでして、
安くない買い物ではあるのですが、
まぁまぁ長く使い込んだ感じです。
孫子も「コートを6年も使い込んでいたなら、買い替えた方が良いよ」と述べていた気がしますし、
「購入」自体は唐突ではあったのですが、
買い替えるタイミングとしては、順当だったと言えます。



ちなみに、さも「6年も使い込んでいたから買い替えた」的な書き方をしていますが、
買い替えた理由は「経年劣化で脇の縫製がほつれて、袖が取れかけていた」、という、
むしろ、そんな状態になる前に買い替えておけよというツッコミ必至の事態に陥っていたからです。
ただ、経験者として述べさせて頂きますと、意外と何とかなります。脇の部分から取れかけた状態って。
「意外と何とかなるなぁ」って思いながら2ヶ月近くそのままだったんですから。
「使い込み」とかいうレベルを遥かに凌駕する貧乏性。

| Diary | 23:59 | comments(0) | - |