Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
All And Sundry:全体集合

「お前は独身を謳歌しすぎだ」と怒られたとかはありませんでした。



昨日、一昨日の週末の過ごし方について:

同期1 「新築一軒家の着工前の準備で、予定地の草刈りをしていた。疲れた」

同期2 「単身赴任中だから、久々に家族の元に帰って最終便で東京に戻ってきた。疲れた」

ボク  「マンガ大人買いして読み耽っていた。疲れた」



「30代って仕事以外にプライベートでも忙しいよね」という共通の話題で盛り上がりました。
共通です。ええ。共通ですとも。

| Diary | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dust And Ashes:木端微塵

「鋼の錬金術師」で一番好きなキャラは「エンヴィー」です。



Amazonの電子書籍において、
特定の出版社のマンガが一律半額とかいうセールをやっておりまして、
あとはもう、分かるね。(二日目)

| Diary | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dust And Ashes:雲散霧消

週末の過ごし方が決まった。



Amazonの電子書籍において、
特定の出版社のマンガが一律半額とかいうセールをやっておりまして、
あとはもう、分かるね。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
High And Dry:兎死狗烹

色々とロックな皇帝だった。6月9日だけに。



古代ローマ帝国で君臨した皇帝の内、第5代皇帝である「ネロ」さんは、
「暴君ハバネロ」の元ネタにもなっている通り、「暴君」として有名です。
まぁ、個人的には「無能」という訳ではなく、
単に、「皇帝」という職業や当時の世相に適していなかっただけで、
時代が異なれば、別の評価が与えられたんじゃないかなと思ってはいます。
大火の後に街の区画整理を実施したら、上手く行きすぎて、
「あの火事、区画整理したいが為にネロが計画的に放火したんじゃね?」、
と、風評被害を喰らったエピソードとか見るに、
時代がネロさんの才能に追いついていなかった面がありそうですし。
あと、最初の奥さんであった「オクタウィア」さん本人じゃなく、
その身の回りのお世話をするメイドさんの方に惚れちゃったエピソードとかを見ても、
時代がネロさんの先見の明に追いついていなかったっぽいですし。
西暦50年代の人間でその嗜好とは、流石の一言です。時代を先取りすぎです。



そんなネロさんにまつわる6月9日のイベント一覧:

53年 :ローマ皇帝ネロがオクタウィアと結婚。
62年 :オクタウィアが自殺させられる。
68年 :ローマ皇帝ネロが自殺する。

ネロさん……。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Protect And Serve:桑弧蓬矢

躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)は、信玄さんのお城。萌え萌えです。



人は城 人は石垣 人は堀
−武田信玄−


この信玄さんのお言葉を数式化すると、
「人=城」「人=石垣」「人=堀」となります。
等式の場合、左辺と右辺を入れ替えても式として成立する筈ですから、
上記は、「城=人」「石垣=人」「堀=人」となります。



本日の結論:
武田信玄さんは、「擬人化」を予見していた名将。
少なくとも、城が人になるのは、Web広告で見た。
時代が信玄さんに追いついてきた。萌え萌え躑躅ヶ崎館。

| Diary | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
Probe And Drogue:採長補短

もう、通勤中に勉強できる年齢でもないだろうし。



ボクは現在、残念ながら通勤電車に比較的長く乗らなければならない場所に住んでいるのですが、
今般、会社の近くに居を構えていた同期が、諸事情により遠くに引っ越した際、
「長時間の通勤で、スマホばっかり見ていたら、バッテリーが切れるから、
 モバイルバッテリーを常備し始めた
とか言い出して、
完全にボクと同じ轍を踏み出しているので、
彼の次の行動は「3DSを買う」なんだと思います。
この点に関しては、ボクは信頼できる先駆者です。買うね。彼は。
普通だとボクに似つかわしくない言葉ですけど、この点に関しては「信頼」が相応しい評価です。

| Diary | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Early And Late:四六時中

例えば、そう。モンハンとかね。



本日は、お仕事の都合上、「遅番」という事で昼出社の終電帰宅となっています。
中々、エキサイティング極まりないスケジュールですが、
マジメに、この「昼出社、終電帰宅」という勤務スタイルも、
昨今の「働き方改革」の一つとして考えても良いのではないでしょうか。

何しろ、「泊まり込み」とかを考えなければ、働ける時間は「終電」までです。
残業時間は強制的に低減されます。
また、出勤退勤のラッシュに巻き込まれる事もありませんし、
朝食だって、ゆったりと摂れます。
朝採れ野菜のフレッシュジュースを自作する時間だって確保可能です。ボクはやりませんけど。
勿論、家族持ちの方とかでしたら、また話は別ですが、
柔軟な働き方を標榜する企業にお勤めの方であれば、一考の余地はあると思います。



そうして、「朝、自由時間を確保できている人」が増えていけば良いと思う。
具体的には、早朝、オンラインゲームのマルチプレイで頭数に困らない程度に増えれば良いと思う。
そうすれば、朝の自由時間を有効に使える。「有効」の定義とかは知らない。

| Diary | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
Give And Take:兼愛交利

そういう願望が無いと言えばウソになりますね。(真っ直ぐな目で)



今日、帰宅途中の駅構内で、
「いやぁ〜ん」という大変色っぽい言葉が、オッサンの声で響いていたので、
恐らく、ウチの近所で、美少女とオッサンの人格交換が発生したのだと思います。
でなければ、オッサンが「いやぁ〜ん」とか叫ぶ理由が無いのです。
創作物の中でしか発生しないと思っていた人格交換が、現実のものになったのだと思います。
そうか。アレは本当に起こりうるのか。ボクにも希望が見えてきた。希望?

| Diary | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
Alive And Kicking:意気軒昂

活用できる知識も無いしな。



「中山道(なかせんどう)」と言えば、江戸幕府が定めた主要な街道である「五街道」の一つであり、
江戸と京都を結ぶ日本の大動脈です。
ナウなヤングの皆様においては、「旧 中山道(きゅう なかせんどう)」を、
「1日中 山道(いちにちじゅう やまみち)」と読んじゃう事でも有名かと存じ上げます。

さて、この「江戸と京都を結ぶ道」は、同じく五街道の一角を占める「東海道」も該当するのですが、
「東海道」がその名の通り、東海地方(静岡、愛知)を経由しているのに対し、
「中山道」は現在の埼玉、群馬、長野といった、内陸部を経由しています。
素人目で考えると、「中山道」は山間部を通る道となり、
現代ならいざ知らず、主な交通手段が「徒歩」だった江戸時代の場合、
比較的、平地が続く「東海道」の方が便利そうだと思うのですが、
調べてみると、箱根の山越え、大井川、安倍川の川越えといった難所が続く「東海道」よりも、
山がちではあるものの、特段の難所が無い「中山道」の方が易しい道のりだったそうです。
実際、「旅費」の観点で見ると、「中山道」の方が「東海道」より二割程度、安かったらしく、
もし、ボクが江戸時代にタイムスリップしたとしたら、「中山道」を選ぶかなと思う次第です。
安さは正義。安さこそがジャスティス。



通常、「江戸時代にタイムスリップしたとしたら」を考えると、
「現代知識を活用して繁栄を築く」とかになるところが、
ボクの場合、「中山道を選ぶ」です。夢も希望も無いタイムスリップ。
我ながら、もう少し、大志を抱けなかったのか。タイムスリップに。

| Diary | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Abolition And Amalgamation:縮地補天

廃止は「2005年」と割と最近(12年前)



今日、6月3日はカバではなく妖精の一種である「ムーミンの日」だった日です。
ポイントは「だった」、つまり、過去形である点でして、
「ム(6)ーミン(3)」の語呂合わせを由来として、
日本の有志で定めていた、日本でしか通じない記念日だったのですが、
ムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンさんの誕生日を元に、
8月9日が世界的な「ムーミンの日」になったので、
「6月3日のムーミンの日」は廃止になったのだそうです。
なお、廃止は「2005年」と割と最近でして、当時のボクは大学院生でした。
ボクが学生としてダメ人間を謳歌していた時分に、世界は激動を迎えていた様です。知らなかった。



ただ、折角、定めていた記念日を廃止するのも勿体無いので、
ボクが「夢眠(むーみん)の日」として個人的に引き継ごうと思います。
記念日に相応しい生活を送っておいたよ。昼間から。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |