Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
Rotten Fruit:一過

現場に配属されたフレッシュな新人さんを見ながら思った事。



「風の谷のナウシカ」での、巨神兵が崩れ落ちる場面において、
「腐ってやがる。早すぎたんだ。」というセリフがありますが、
良く良く考えると、「腐る」と「早い」が繋がるケースって、あんまり無いよなと思うのです。
あと、全くの余談ですが、このセリフを吐いたクロトワさんが、
あの風貌と達観ぶりで「27歳」という設定も、あんまり無いよなと思うのです。

クロトワさんの渋さは置いておいて、話を戻しますと、
通常、「腐る」という事象は、
「食べるタイミングが遅すぎた」、「防腐処理を施すのが遅れた」等、
何かしらが「遅い」ケースが大概ではないでしょうか。
従いまして、現実で、「腐ってやがる。遅すぎたんだ。」ではなく、
「腐ってやがる。早すぎたんだ。」と言えるシーンは、ほぼ皆無だと思うのです。
劇中のセリフを補完するならば、「(覚醒措置の中断が)早すぎたんだ。」ぐらいですから、
無理に応用すれば、「(料理が)腐ってやがる。(加熱の中断が)早すぎたんだ」とかが関の山です。
この用法を駆使できるタイプは、猫舌さんぐらいです。
結局、対象物は腐敗しているから、駆使できてもメリットは一切無いんですけど。



あるいは、「(社会人としての性根が)腐ってやがる。(やる気を無くすのが)早すぎたんだ。」
という用法も考えられなくはないですが、まぁ、この話は辞めておきましょうか。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Primal Factor:第一

肝心の箸はプラスチックでした。



古代中国において「箕子の憂い(きしのうれい)」という故事があります。
「箕子(きし)」とは人の名前でして、
仕えている王様が、ちょっとした贅沢として「象牙の箸」を作った、と知った時に、
「象牙で箸を作ったのであれば、器や皿も凝った物を作る事になるだろう。
 そうすると、料理も贅を尽くしたものを求めるようになるだろうし、
 それを宴で饗する為の衣服や宮殿も豪華にしたがるだろう。
 そうなれば、行き着く先は国庫の破綻だろう

と深く嘆き悲しんだ、という故事となっています。
ここから、「箕子の憂い」とは、「小さな事柄から、大局を察する事」を意味しています。
若干、「風が吹けば桶屋が儲かる」の疑念が消えませんが、大局を察しているのです。箕子さんは。



なお、今日、昼食時にちょっとした贅沢として、
「チンゲンサイのおひたし」の小鉢を追加したボクは、
「箕子の憂い」に倣うのであれば、破綻に行き着いてしまうのだと思います。
チンゲンサイを追加してしまったばかりに破綻。破滅の第一歩はチンゲンサイ。

| Diary | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
Tier Step:及第

尿酸値。



健康診断で良い結果を出す為に、
「食生活を改める」とか「運動を心掛ける」とかを差し置いて、
「投薬」を採用する辺り、ボクも大人になったものです。

| Diary | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
Extensive Effect:波及

サマータイム。



客先に打ち合わせに行く事になった際の先輩さんとの会話:

ボク 「打ち合わせ、終わるの14時ですか……。
    だったら、会社に帰らずに自宅に直帰しますかね〜」


先輩 「早くね?! 14時でしょ?!」



実際に打ち合わせが終わった後の先輩さんとの会話:

先輩 「さ、直帰しようぜ

ボク 「早くね?! 14時でしょ?!



伝染病の類か。ダメ人間力。ダメ人間力?

| Diary | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Heat Wave:熱波

澱んだ表情で一言。



尋常じゃない最高気温を連日記録する、厳しい季節となっていますが、
そんな中、日中、冷房の効いた自室で爆睡できる機会を夜勤明けに得られたボクは、
なんて幸せなんだろうと感情を噛み締めたのです。まる。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Temperature High:高熱

そんな訳で、行ってきます。(21時)



熱帯夜の続く、厳しい季節となっていますが、
そんな中、深夜、冷房の効いたオフィスで快適に過ごせる機会を得られたボクは、
なんて幸せなんだろうと感情を噛み締めたのです。まる。

| Diary | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
Sitting Height:座高

そもそも、「身長測定」で驚愕の数値になりそうですけど。



ボクが小学生〜高校生の時分に健康診断を受けると、必ず「座高」を測っていました。
これにより、ボクは脚の長さが2mを超える長身スレンダー人間であると周囲にバレた訳ですが、
最近の学校での健康診断では、「座高」を測らなくなっているそうです。

これは、元々、「座高」を測っていた意義として、

 内臓が育っていれば健康優良児と言って差し支えないだろう
→内臓が育っていれば、長い胴になっているだろう
→健康診断では、胴の長さを把握できる座高を測っておこう

という、言わば、「座高三段論法」を根拠にしていたのですが、
前提の「内臓が育っていれば、長い胴になっている」に医学的な根拠は無く
加えて、身長や体重と違い、取得したデータをほぼ活用していなかった為、
「座高を測る意味ねーじゃん」と結論付けられ、「座高測定廃止」となったのだそうです。
つまり、健康診断後、脚の長さを算出して一喜一憂する文化は、現代っ子には無い様です。
脚の長さが2mを超える長身スレンダー人間としてドヤ顔できる日は、もう来ないみたいです。



それに、「腿の付け根から頭の先まで」が座高であれば、
ろくろ首さんとかは、凄まじい座高の値を叩き出してしまい、
上述の論拠で言えば、「内臓が超育っている!!」と勘違いされてしまう恐れもあるので、
「座高」の定義からして、見直す余地があった、とも言えます。
まぁ、ろくろ首さんの人体構造を考えると、「食道」が凄い長い訳で、
「食道」も内臓の一部、と考えれば、あながち間違ってもいない気もしますが。
いや、でも、ろくろ首さんの主食、「灯火用の油」って話だしな。
偏りまくっている食生活を送っているのに、健康優良児のお墨付きを与えるのはな。
座高の数値は凄くても、血液検査で「高脂血症」とかになってそうだしな。

| Diary | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comae Berenices:星座

地味に迷宮入りしているしね。



全天を彩る星座の中で「かみのけ座(髪座;Comae Berenices)」と呼ばれるものがあります。
「牡牛座」、「乙女座」等と比べると、いまいちマイナな上、「髪の毛の星座?」となりがちですが、
これは、別に磯野家の世帯主を祀った星座とかではなく、
「美髪で有名だったベレニケ女王が神様に捧げた髪の毛」なのだそうです。

神話によると、ベレニケさんが自分の髪の毛を神様に捧げた理由は、
「戦争に行った自分の夫が無事に帰ってくる様に願掛けしたから」らしいのですが、
特筆すべきは、無事に夫さんが帰ってきた翌日、神殿に供えていた髪の毛が消えていた点です。
当初、この髪の毛の消失により、ベレニケさんは神殿の管理者である神官達にブチ切れたそうですが、
仕えていた天文学者が、「神様が髪の毛を天に持ち帰って、星座にしたんだよ」とフォローした事で、
「かみのけ座」の誕生と相成ったらしいです。
この神話に即すれば、磯野家の世帯主は何回願掛けしたんだよって話ですが、気にしてはいけません。



ただ、「かみのけ座」を構成する星々は、
神様がベレニケさんが髪の毛を持ち去る・しないに関わらず存在していた為、
神様の立場では、星座を作る目的で髪の毛を持ち去る必然性は一切無い訳で、
つまり、この神話は、「神様ではない誰かが、神殿から髪の毛を持ち去った事件」である筈です。
「星座誕生」として、良い話風にまとまってますけど、
これ、要は、人類史上最古の「髪の毛フェチの活動記録」ではないでしょうか。
もっともらしい理屈を述べている辺り、仕えていた天文学者が怪しい。
家探ししたら証拠が出てくるんじゃなかろうか。それまでに収集していた髪の毛一式とかが。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Echoing Comic:図星

「打ち合わせ中です」って目印を立てて欲しい。



会社での同期との会話:

ボク 「最近、ウチの会社PCにSkypeが導入されたじゃん?」

同期 「そうだね。まだ使ってないけど」

ボク 「ボクも使った事無いんだけど、さっき、上司さんが自席でSkype会議しててさー

同期 「ああ、確かに、Skypeで打ち合わせするなら、会議室とかに行かなくても済むのか」

ボク 「いや、それがさ、ヘッドセットじゃなくてイヤホンマイクで打ち合わせしてたから、
    パッと見、Skypeで会議している様に見えなくてさー。
    さっき、普通に自席で作業されているもんだと思って話しかけたら、こっちに反応無くて
    もしや、とうとう、無視される様になったかとドキドキしたよー


同期 「と言うか、無視される様な心当たりがあるのか

ボク 「☆(ゝω・)v」



☆(ゝω・)v

| Diary | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
White Office:縮図

何歳になっても夢を追い続けたいものです。



情報通信分野における匿名性を論じた問題で、「食事する暗号学者の問題」というものがあります。

これは、3人以上の暗号学者が一緒に食事をした後、会計を済ませようとしたところ、
匿名の人物により、全員分の食事代が既に支払われており、
その支払者が誰なのかを推測する
、という問題です。
ポイントは、「食事をしていた暗号学者の内の誰かが支払った」というケースの他に、
「彼らの雇い主(上司)がこっそり支払ってくれた」という可能性もあり、
かつ、「匿名で支払われていた」という事実から、「匿名」の意思を尊重する、という点です。
つまり、この問題を要約すると、
「支払者を特定せずに、『学者達の誰か』と『上司』のどちらが支払ったのかを知るには?」です。
ボクが当事者だったら、とりあえず、「ボクが支払いました」と手を挙げると思います。
「全員分の食事代を支払っちゃう、男気溢れる人間」という評判はボクのものです。



ちなみに、この問題を深く考察する事により、
情報を秘匿したまま通信する理論の構築に繋がっていったりするらしいのですが、
ボクがこの問題を考察すると、
「3人以上の同僚達と食事をする程、人間関係が良好」、
「事実は別として、『全員分の食事代を支払ってくれる』と思わせられる度量を持った上司がいる」、
と、ここの職場は断然ホワイトだな、という感想しか出てこないので、
少なくとも、ボクはこの問題に向いていないのだと思います。
問題の背景に職場の縮図を見てしまう。ここは素晴らしい職場だ。
「将来の夢」として憧れる価値のある職業じゃなかろうか。暗号学者。

| Diary | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) |